ディスクリプションとは

ディスクリプションとは、タイトルやタグ文章などの下層に記載するための補足文章のことを言います。タイトルやhタグの内容を支えます。

ディスクリプションの書き方

ディスクリプションは、ユーザーのアクションを支えるために書きます。ユーザに学習をさせるために書くのではなく、あくまでもメインのアクションを支える情報だけを記載します。

分量に配慮する

ディスクリプションは、3文以内に抑えます。改行せず1行で記載します。それ以上詳細な内容を書く場合には、別の詳細ページを設けてリンクします。

読み飛ばしてもよいように書く

ディスクリプションを読まなくても、ユーザーが理解して次に進めるように書きます。ディスクリプションの内容はあくまで補足情報のため、読まないと意図する操作がわからない状態は望ましくありません。もっとも重要な情報を含んだキーセンテンスは1文目に書いて、さらに必要がある人だけ2文目を読めばよいようにします。

別の話題を補足しない

「また...」などを使って、別の話題を無理やり入れないようにします。補足したい情報がある場合には、ディスクリプションには入れず、補足のデザインを設けて記載します。

ヘルプの情報は入れない

ヘルプに入れるべき情報はディスクリプションに入れず、ヘルプのデザインを設けて別ページで説明します。

不要な記号はつけない

文頭の「※」や「()」など、補足であることを意味する記号はつけません。ディスクリプションであることが分かるようにデザインされていれば、記号をつけなくても意味が通じるためです。

無駄な言葉を省く

なくても意味が通じる言葉を省きます。たとえば「について」「という」といった余分な言葉をなくして文をシンプルにします。

敬語の扱い

ディスクリプションには過剰な敬語を使用しません。設定したボイス&トーンによって、どのくらいの敬語の程度を使うかを決めて、それに沿って使用します。