漢字とひらがなは使い分ける

文章の中で使う漢字は常用漢字を使い、漢字とひらがなの「ひらく」「とじる」を使い分けます。常用漢字表に沿って、一般的な読み手が読めないような漢字はひらがなに直して表記することによって、読みやすさに配慮することができます。内閣が出している通達でも、公用文は「難しい漢字は使用せず適宜言い換えるように」と指摘されています[*出典]

漢字のルール

  1. 常用漢字を使う
  2. 漢字を「ひらく」「とじる」のルールを統一する

常用漢字とは

常用漢字とは、「法令、公⽤⽂書、新聞、雑誌、放送など、⼀般の社会⽣活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使⽤の⽬安を⽰すもの」として、内閣告示によって定められた漢字です。2010年に告示された、常用漢字表は2136字で構成されています。

1. 常用漢字を使う

漢字は、難しい漢字の利用を避けて常用漢字を使用します。これは名詞や動詞などすべての品詞で共通です。別の表現ができる場合は言い換えて、言い換えが難しい場合はひらがなで表記します。

常用漢字外(表外字)を使わない

常用漢字外(表外字)とは、常用漢字表にない字のことです。常用漢字表にない字は、原則として使用せず、ひらがなで書いたり、別の語に言い換えたりして書きます。例えば、薔薇、飴、濡が常用漢字表にない字です。

表外読み(表外音訓)音訓

表外読み(表外音訓)とは、常用漢字表で定められていない読みのことです。常用漢字表に存在する漢字でも、読み方が書かれていない場合には、表外読みの漢字となります。表外読みの字は、原則として使用せず、ひらがなで書いたり、別の語に言い換えたりして書きます。例えば、活きる(「活」は常用漢字表に存在するが、「イ」の読みは定義されておらず「カツ」の読みのみ定義されている。)、徒らに(「徒」は常用漢字表に存在するが、「イタズラ」の読みは定義されておらず「ト」の読みのみ定義されている。)

常用漢字外や表外読みでもそのまま使用する場合

常用漢字ではない場合にも、固有名詞や専門用語の場合には、例外的に、ふりがなを添えて使用します。例えば、地名である「鐺山(「鐺」が常用漢字外)」、人名である「宮崎駿(「駿」が常用漢字外)」は、そのまま使用します。

常用漢字以外でもそのまま使用する場合

  1. 固有名詞(例:人名、地名)
  2. 専門用語または特殊用語(例:試薬撹拌機)

各新聞社においても、特定の文字については、常用漢字表にはないが使うと定めています。例えば、共同通信社では常用漢字表にはない「磯」「炒」などを使用するとしています。一方、常用漢字表には存在する「且」「又」などの字は使用しないと定めています。

2. 「ひらく」「とじる」のルールを統一する

漢字で表現できる語を、「ひらく(ひらがなで書く)」か「とじる(漢字で書く)」のルールを統一します。ビジネス文章や公的な文章の場合、「ひらく」「とじる」のルールは、一定の方針に従って定めます。

「ひらく」「とじる」とは

漢字で表現できる語をひらがなで書くことを「ひらく」、漢字で表現できる語をそのまま漢字で書くことを「とじる」と言います。「ひらく」ことによってやさしく読みやすい雰囲気となり、「とじる」ことで固く厳格な雰囲気となります。

ひらいて書く語

ひらいて書く語には明確な基準はありませんが、一定の基準を定めて使用します。新聞社などのルールに則った場合、形式名詞・補助動詞・補助形容詞といった、本来の意味を失っている語はひらいて書きます。

形式名詞 形式名詞はひらがなで書きます。形式名詞とは「いただく」「そのため」など、すでに本来の意味を失っている名詞のことを言います。

このうち(内)、いただく(頂く)、そのとき(時)、そのため(為)、このとおり(通り)

補助動詞・補助形容詞 補助動詞や補助形容詞はひらがなで書きます。補助動詞・補助形容詞も、本来の意味を失った語です。

調べてみる(見る)、行ってくる(来る)、行きたくない(無い)、食べてほしい(欲しい)